にきびと食生活

思春期ニキビでも大人になってからできるニキビでも、正しいケアをすることで必ず良くなります。
思春期であれば、過剰に分泌される皮脂が毛穴を塞ぐことがニキビの原因になり、大人ニキビであれば、ターンオーバーの乱れなどで毛穴が塞がれてニキビの原因となります。

少しずつ原因は違うものの、ニキビと食生活には密接な関係があります。
毎日の食事から栄養を摂ることでカラダやお肌が作られていて、元気に生活することが出来ています。
ここでは、ニキビ対策で効果があるとされている主な栄養素と、反対にニキビには良くない食べ物をご紹介しますね。

ニキビ対策に効果のある栄養素

まずニキビの原因となっている毛穴詰まりを解消してくれて、ターンオーバーを促進させる作用があるのはビタミンAです。ビタミンAには、さらにお肌のうるおいを保ってくれる作用もあります。
ビタミンAをたくさん含む食品としては、ニンジンやかぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に、うなぎやレバーなどがあります。

皮脂の分泌を抑えてくれて、肌状態を正常にしてくれる作用があるのは、ビタミンB2です。
乳製品や卵、レバー、うなぎにたくさん含まれています。

メラニンの生成を抑制し、コラーゲンの生成を促したり、抗酸化作用にも優れている、美肌成分としてお馴染みのビタミンCもニキビ対策におススメです。
緑黄色野菜やくだものなどにたくさん含まれていますね。

またミネラルもニキビ対策には大切で、ホルモンバランスを整えて、肌のターンオーバーを正常にしてくれる作用があります。
乳製品などにはカルシウムが豊富で、昆布などにはマグネシウムが豊富で、牡蠣やナッツ類には亜鉛が豊富に含まれています。

ニキビを悪化させる食べ物

ニキビに良くない食べ物として、チョコレートなナッツ類を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
実際にこれらを食べるとニキビが悪化した、といった経験がある人も多いかも知れませんね。

しかし、ある特定の食べ物とニキビとの関係は明確にはされていないので、特定の食べ物だけを避ける必要もないのです。
ニキビの原因となっているのは皮脂ですが、この主成分の一つであるトリグリセリドが増えるのを避ける必要はあります。
具体的には、動物性の脂肪や糖質などがこのトリグリセリドを増加させる原因になります。
甘いものや脂っこいものは、一切ダメなのではなくて、過剰に摂らないように気を付けるようにしましょう。
またカフェインには、ビタミンB群の吸収を低下させる作用もあるので、食事と同時にコーヒーや緑茶は避けた方が良いでしょう。
食事制限も過剰にすると、それがストレスになりニキビの原因にもなるので、適度に控えるようにすることが大切ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ